にっかり青江イメージで4曲作りました 雑記

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26035696

投稿しました!

制作の雑記


にっかり青江

「にっかり」
アダルティーでダークな魅力のにっかり青江。ディープめのシンセベースが中心です。女性の声や息、ゆらりとした妖しい音は外せなかった。
幽霊を斬ったとされる逸話が名前の由来との事。
意味深な台詞回しが多い青江の「霊とはいえ幼子を斬り捨てるなんて、どんな気持ちなんだろうね」はどう捉えるべきか迷いました。

回想の話にも繋がっていますし、自分の名前にもなったこの事については思うところがあるのではないでしょうか。
妖しいけれど、完全に黒い性格でないところも魅力だと思います。


「斬ったり斬られたり」
戦闘編。戦い慣れていて好戦的なにっかりの印象で作りました。
ざくざくさせたかったのでドラム等の歪みは強め。地味にギターカッティングメイン。スラップベースもかなり動きます。
音自体も刻んで刻んで、という感じです。
にっかりのオッドアイが見れるのが戦闘画面ですが、あのオッドアイの意味合いも気になるところ。


「何時の日にか」
回想編。また、にっかりなりの「刀」としての考え方編。
「刀は戦に出てこそ」だと言う彼の演練台詞の「油断してると、殺しちゃうかもね」の冗談が冗談に聴こえない。
曲としては全編2曲と違って爽やかめですが少し空虚かもしれない。


「cut you down」
日常編。海外滞在経験有・MMDのおかげもあってにっかり英語似合うなぁと思ってます。
少しコミカル+アダルティー。

声音と口調は穏やか優しい様で、それとなく突き放し毒気のある事を言う。
動画に含めていないものも言えば冗談と思われる言葉も多々あり、
にっかりの台詞は全体的に言い回しが面白いです。
「刀」の自覚が強いのに新しい刀剣に対して「かわいい子だといいねぇ」と言い出す、茶目っ気のあるところもまた魅力。
畑を任せた時の反応を見る限りは実は真面目?

歌詞は"cut you down like a stone lantern"の繰り返しと声ネタで"Feel me"とか"Touch me"とかそれっぽいの。
ファンキーなキーと声ネタメインです。ベースも丸っこく軽め。





2015 04 16  雪月



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR