「千差万別 刀剣楽曲集」 楽曲レビュー その3。



←楽曲レビューその2

初公開した楽曲は初出記載



三条派繋がりで三日月から石切丸へ



◆19. 神社暮らし - 石切丸

初出

神社の様な安心感

お琴がメインです。琴、尺八、ストリングスのみ。
凄くシンプルで凄く気を使って調整して結果凄く落ち着く感じになりました。
個人的に手作業する時はひたすらこの曲流してます。


小話1
刀剣プレイ始めてかなり初期に来てくれた大太刀で、第一印象から凄く好きで、
安心感有るまともそうなゆったりした感じなのにかわいらしいぞとか、
当たり前のように神様目線で話してくれて凄く神様だー!ってなっただとか、
加えて物凄く良いお声で本当に吃驚した事等、色々思い入れがあり、

この曲が本丸で流れててもあのお声を邪魔しない様に、
あのゆったりしているけれど神様めいてる雰囲気を……と、

出来るだけ音数は少なく、印象として軽くは無く、落ち着くように、と心がけて作曲。


見た目からして凄く和だったので、直球に和風の曲、尚且つ生っぽい和の音源で作りたいと思っておりました。
思い切ってちゃんと音源買ってから臨もうとしてたのでわりと夏頃からの制作でした。


※キュベユーザーならきっとわかってくれる(デフォで入ってる)ハリオン音源の三味線や琴を使うか否かの選択を
(音源揃えた後で、あえて混ぜて使ったりもします。陸奥守の好奇とか時代の話、わざとおもちゃっぽい方の和音源も使ってます)



小話2
料亭等の和系BGMを聴いて思った事
こういった楽曲や琴でのアレンジって、琴のみの1、2トラックだけで作られてるのも多いですね。
元は私もその様に作っていたのですが、石切丸さん、石切丸さん、と考えていたらストリングス入ってました。
ものすごくオートメーション書いた。わりと自然にふんわりと入ったかなと思います。



小話3
タイトル没案は「御神籤」
神社で御神籤に祈祷に、いつもの穏やかな石切丸さん。
石切丸の日常といったら何かな、と思って最終的に「神社暮らし」で落ち着きました。




◆20. 天命

初出
「祓いたまえ、清めたまえ」

石切丸戦闘時のイメージです。
戦苦手らしいですが一振りでばっさー斬るの凄く恰好いいと思ってます。
楽曲のイメージは 岩をも断つ、雷、厳か、付喪神の怒り、怒らせたらいけない、等


気の流れを読むの神秘的な場面から、不浄の気配の中でも逃げも隠れもしない堂々たる立ち姿と、
天候の荒れ狂い、最終的には暗雲が退くところまで。

丁度クロスフェード動画部分で、うっすら雷SE入ってます。
パーカスがいい具合に、馬の嘶きの様な雷の様な鐘の様な、面白い感じになりました。
正直こんなにパーカス重ねて作った曲は初めてでした。
あと生系の音源ばかりな上にトラック数も多いので処理が物凄く重かったのでPCも誉。(これについては三日月の楽曲も)


最初は拍子とりやすいのですが、
1分16秒~の絶対天候さえ荒れてるよなっていうところからちょっとリズムが難しいので、
どれくらいのグルーブにするか最終日までいじってた記憶があります。
テンポは揺れますが一貫して4/4で拍子変わらずです。


石切丸さんと言ったらキレてるイメージも強い(仕方ない)ので「神社暮らし」とは物凄いギャップになりました。

最初に例の「ああっ まだ加持祈祷の~」を聞いた時の吃驚感。
「えっ すみません どうぞ宜しくお願い致します」っていう心地の……(0分43秒~)
一見童顔そうに見えて、目つきがこう……たまらない件を曲で語りたかった。



タイトルは台詞から。
没案「岩をも断つ」「天命は下る」
字面の潔さが欲しくて「天命」になりました。
CD的には「主命」と「天命」が同じCDに入ってるのが、個人的なツボです。


どっしりとした神様感が出てたら嬉しいです。


ボーナストラックの天命Remixでは凄く違う「天命」になってます。詳しくはそちらで。








◆21. 無常 - にっかり青江・石切丸回想(石切丸寄り)

初出
回想場面の石切丸寄りの曲。


全ては変わりゆくもの


「何百年かしたら――」
御神刀としての石切丸も何百年先の事は知らない筈、
己も含みすべての事に当てはまる話だという解釈で。 諸行無常の「無常」。

投げっぱなしの返答(神々の規模の大きな世間話)みたいな、
ただ単に大らかな性格からのざっくりした御答えなのだとしても、
それが世の全てへの返答になっていて面白いです。

短い曲ですがじんわりとくるような。達観しているような。
※ノイズは楽曲の内です。



ボーナストラックの天命Remixでは、この曲がイントロになってます。
詳しくは天命Remixの方で。







◆22. にっかり - にっかり青江

突然のうっすらホラー

にっかり入手して初めて例の「どんな気持ちかなぁ」話を聞いた時に
正直どんなリアクションすればいいか分からなかった。
にっかり曲については自分でも音楽ジャンルよくわからないです。


キャラに沿って、妖しく香るような癖になる曲が作りたかった。


少しぞわっとするベースから始まって女性の吐息とドラムだけというなんていうか
空間が楽しい若干のマニアックな聴かせ方は初めての試み。

ギターが入ってくるまで安心できないのにギターが入っても妖しい。
ドライなドラムに反してギターは湿っぽい。
さりげなく入ってくる弦と、反響するエレピと、浮遊する謎の音と。
ちらちらしてるハイハットと後半では既に耳に馴染んだであろう女性の吐息。


「闇夜に笑う何か」が見えたら、どんな気持ちなのかなぁ?



「にっかりだ」と思って頂けたら嬉しいです。









◆23. 何時の日にか - にっかり青江・石切丸(にっかり寄り)


神剣になりたいとは言っていないがどうやったら神剣の扱いをされるかを神剣に聞く回想について。


何時の日にかは変わるものだろうか。


タイトルそのままですが青江曲にしてはどうも素直な、
「想うところがある」イメージでの楽曲。

映像としてはきっと空が真っ暗ではないなといった風で。
ぼんやり薄暗い、少し寂しい感じもしますが何処か割り切った風に爽やかなところも。
印象は受け止め方・捉え方によるかもしれない。

「一口に出来ない」様な雰囲気にしたかった。
一口で言うと「やっぱりそれかぁ」かなと思います。何を考えているんだろうか。


音色自体は実は「にっかり」とあまり変わらないです。
「にっかり」でサブ楽器だったエレピがメインに移った感じ。
さっきの曲までは妖しく笑っていたような湿っぽいギターもなかなか切ない方向に。



この楽曲の色々をボーナストラックに引継ぎしてます。詳しくは天命Remixで。







◆24. 斬ったり斬られたり


CD用に編曲し直しました。

全体にpad追加、ベードラ、バッキングギター色々こまごまと修正。
分かりやすいところだと曲が長くなりました。

追加パートは線の細めな綺麗めソロから緊迫感を残して引いて、そしてストイックな通常場面へさっくり戻ります。

青江さんの実践刀らしい性格が凄く好きです。
言い方がいちいち面白いところは確かに茶目っ気たっぷりですが、
性格・性質が淡泊に思えるくらいさっぱり青江だとも思ってます。
謎の安心感が半端ない。


戦が好き。刀は使われてこそ。
とても分かりやすい。偵察MAX値がまた凄い。流石慣れてる。


楽曲の話だと「青江=夜戦似合い過ぎる」。

硬質な印象で、切り刻む感じで作ってます。
冷たく冴えた感じ。温度が低い。色は黒と紺がメインでしょうか。
女性の吐息とギター、ノイズ諸々は引継ぎ。


全体的にpad追加とパート追加したので結構雰囲気変わったかなと思います。
基本的なイメージの「斬ったり斬られたりしよう」な、戦いを楽しむ姿勢は変わらず。

バッキングギターが少々勢い余って外れてるのは許容範囲なのであえてそのまま。
多分めちゃくちゃ踏み込んで斬りこんだ。


パート追加した理由は、戦という「刹那的な何か」を表したかったから。
ソロの後ろの、水面と影が跳ね返るみたいなぴちゃんぴちゃんしてるクリシェのギターの音が気に入ってます。
※わかりやすく聴こえるのは1:23~ ソロ最初の方





◆25. cut you down

唯一歌詞のある曲。英語。 これの為に「全インスト」と書けなかった。
和訳は案外物騒。歌詞にするにあたって英文おかしいですがフィーリングで頼みます。実にすみません。


ライトなファンク寄りといえばいいのか、
淡々としているものの明るい、何かと気さくな青江さんの印象で作りました。

英語は一時期米国に行っていたと聞いて。
日本語で作ると日本人は耳に入っちゃうのでうっかり気になっちゃうなというのもありました。
雰囲気出したかったのでさらっと聞き流して正解です。


この曲についてはコメントで頂いてた「ファッションセクシー」がツボでした。
実際に色気たっぷりなのになんていうかいやらしい感じじゃなくてどこかさっぱりしてる感じ、がやっぱり好きだなぁと思います。

cut you downは割とドライな音が多い。
ボイスのサンプリングが多いのでコミカルで分かりやすいセクシー感。
余談ですがこの曲作ってる最中は殆どヘッドホンしてました。(ボイスで喘ぎ声とか吐息とか色々を選んで扱っていた為)



見た目や口調のしっとり色っぽい感じは残しつつ、どこかドライな音が入ってる、淡々としてる、
ちょっと怪しくて気になる、でも案外親しみやすい らへんが青江曲の共通点でしょうか。






←楽曲レビューその2
→楽曲レビューその4



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR